目の周りの乾燥について

目の周りの乾燥は角質層の水分不足!

目の周りの乾燥

 

目の周りの乾燥は多くの方が一度は経験すると思います。
特に30歳を越えた辺りから、目の周りの乾燥が目立つようになります。

 

まず目の周りの乾燥を改善する方法の前に
どうして乾燥するのか理由を知る必要があります。

 

お肌というのは角質細胞が10層くらい積み重なって角層になり、
肌を覆っております。
その角層には約20%の水分を含み、それが減少すると、
いわるゆ乾燥肌になっていくのです。

 

何故角層の水分が減るのか?

角層の水分が減る原因は、クレインジングの使いすぎ、
加齢など色々ありますが、
もっとわかりやすく言うとセラミドが減少してしまうからです。

 

セラミドとは、角質の水分を守ってくれている成分で、
角質細胞と角質細胞の間にあり、水と結合して
お肌の水分を保っています。

 

つまり、乾燥肌の最も大きな原因は、
加齢と共にセラミドが減る事で起きるのです。

 

コラーゲン配合の化粧品が良いという多くの方の間違え

 

コラーゲン化粧品

 

よく、乾燥肌にはコラーゲン配合の化粧品が良いと言う方がいますし、
多くの化粧品メーカーもそのように言っております。

 

しかし、それは間違え。

 

確かにコラーゲンを体内で増やすことが出来れば、
お肌が潤い、ハリのあるお肌を保つことが出来ます。

 

逆にコラーゲンが減れば、
しわ、たるみ、乾燥などあらゆる肌トラブルを起こします。

 

ですが、化粧品からコラーゲンを与えてもお肌の物にはならず、
表面が少し潤うだけです。

 

そもそもコラーゲンは分子が大きく、お肌の奥まで浸透させることはできません。

 

よく化粧品メーカーがナノ化したコラーゲンとも言いますが、
分子が大きいのがコラーゲンなので、小さくすればそれはすでにコラーゲンではなく、
ヒアルロン酸になってしまいます。

 

100歩譲って、コラーゲンをお肌の奥まで浸透させられたとしても、
化粧品や飲むコラーゲンなどでは体内のコラーゲンを増やす事はできなく、
あくまでも一時的な潤いを与えたにすぎないのです。

 

ですから、乾燥肌対策のために、
コラーゲン配合の化粧品を使っても意味はありません。
(一時的に潤いを与えるという意味では良い)

 

セラミドを増やせば良いの?

目の周りの乾燥を改善するためには、
単純にセラミドを増やせば解決します。

 

セラミドを増やす事で体内の水分を閉じ込め、
乾燥を防いでくれますし、最も言えばセラミドさえしっかりと体内にあれば、
乾燥はもとより、しわやくすみ、しみなどの肌トラブルは起こりません。

 

では、セラミド配合の化粧品を使えば、
セラミドを増やせるのかということになりますが、
増やす事は可能です。

 

セラミドの良いところは化粧品からでも
お肌のものになること。

 

管理人は、基礎化粧をする際は、
セラミド配合化粧品を必須にしております。
(美容液)
逆にセラミドが配合されていない化粧品は論外とも思っております。

 

どのようなセラミド化粧品が良いのか?

一概にセラミドといっても、色々な種類があるので、
全ての化粧品が良いとは言えません。

 

選ぶポイントとしては、ヒト型のセラミドが配合されているもは選ぶ事。
セラミド1、セラミド2とか、セラミドの後ろに番号が書かれているものがそれです。

 

対して天然セラミドとか擬似セラミドは論外。

 

天然セラミドは一見良いように感じますが、
天然といっても、動物や植物のもので、人間のものとはまったく別物です。
擬似セラミドというのもそもそもセラミドではありません。

 

ですから、化粧品の成分表をみて、セラミドの後ろに数字が付いているものを購入して下さい。

 

おすすめのセラミド化粧品は?

セラミド化粧品で今最もおすすめなのは、アヤナスです。

 

このアヤナスは、高い保湿力がある、セラミド2が配合されていますので、
目の周りの乾燥に良いですし、敏感肌に良いのが最もおすすめできる理由です。

 

女性で最も多いのは、敏感肌だと言われていますが、
敏感肌の方というのは、角質層が荒れていて、赤く炎症している状態です。

 

炎症している状態で化粧品を付けても、余計にお肌が炎症するので、
使えないのは当然です。
そして、敏感肌であることで良いスキンケアが出来ず、
乾燥肌が良くなりませんし、様々な肌トラブルが起きてきます。

 

アヤナスは、そうした敏感肌でも使えるように
アヤナス独自の技術であるお肌に薄い膜を張り、外部からの刺激にも対応できるようになっております。
ですから、敏感肌の方でも効果の高いスキンケアでき、
目の周りの乾燥はもちろん、しわ、ニキビ、しみなど対策も出来ます。

 

アヤナスの詳しい詳細はコチラ
アヤナス